インタビュー 溶接工

河野さん
「NGがでないと、おっしゃー!って、仕事がどんどん楽しくなりました。」

溶接に関わって9年目になります。免許に合格するまで大変だったので、合格してからは仕事が楽しくて楽しくてしょうがなかったです。

ただし一人前としての仕事が求められるようになると、決められた時間のなかで溶接して、NGを出さないというのが大変でした。溶接ってすごく奥が深いんだなって感じるようになりました。

じつは溶接って人によってやり方が違うんです。正解がないというか。なので今後輩に指導する立場になりすごく苦労しています。

ただだからこそいつも後輩に伝えているのは「色々な人のやり方を教えてもらい、自分に合う技術を身につけた方がいいよ」ということ。

先輩の真似をして上手くいったりいかなかったりを繰り返しながら、少しずつ技術が上がり、現場でNGなしだと「よっしゃー!」ってうれしくなって、また仕事が楽しくなって。。。そんな体験をぼくもしたので、後輩にもぜひ体験して欲しいなと思います。

ほかの会社の人によく言われるんですが、うちの会社には本当に若い人が多くて、同年代だけでも7人います。すごく仲も良くてお互いに良い刺激になり、本当にこの会社に入社できて良かったな、と思っています。

職人さんたちはみんな優しく教えてくれるので、最初はどんどん聞くことから頑張ってもらえたらと思います。聞ける人は伸びます。もちろん頑張れば頑張るほどちゃんと稼げる会社なので、一緒にがんばりましょう!

© 2021 原産業株式会社